One page seo

Real SEO You can fix your webpage as Number 1 (Japanese Edition)

私は陶芸家として活躍していましたが、自分の個展案内などをするところからホームページ制作に精通し、私の作るページが特に検索上位に上げるのが自然にうまいことに気がつきました。(2002~2008年「陶芸家」検索 常に1位) それで「どうして検索に強いページを自然に作れるのか?」を分析していくと、『検索エンジンが本来求めているページ作り』を自然にしていたのに気づきました。2003年からホームページ制作を仕事にしていますが、どのクライアントのホームページでも、検索上位に上げることが出来て、しかもコンバーション率(購買率)が高いページ作りをすることが出来、大変喜ばれています。 私がホームページを制作するときに、気をつけている点について、特にSEO対策に効果があること(内部対策)に絞って公開することにしました。これさえ気をつけていれば、パンダだのペンギンだののアップデートがあったからと言って、慌ててページを変えたりする必要は全くありません!みなさんも検索エンジンが「本当に求めていること」でページ作りをされることをお勧めします。 SEO対策ホームページ制作専門WEB-EYENET 所長・川瀬浩一 著作(第1巻) 【本書のもくじ】 ◆はじめに SEO対策は「検索エンジンをごまかすようなテクニック」ではない! ◆<序章>検索エンジンが真に求めていることとは? ◆ホームページの内容を充実させる<内部対策1> まずはユーザーの求めていること(コトバ)からページ内容を作成すること その方法とコツとは? ◆ホームページの内容を充実させる<内部対策2> なんでもいいから検索上位に上げるではダメ。サービスと一致したキーワードを選ぶようにする。 ◆ホームページの内容を充実させる<内部対策3> ディスクリプションは各ページごと変える。 ◆ホームページの内容を充実させる<内部対策4> *「見出しタグ」は本当に必要ないのか? *主要な画像には必ず<alt>タグを使う *ページURLに意味を持たせよう ◆ホームページの内容を充実させる<内部対策5【最重要】> ここまで出来たら検索エンジンにアピールしましょう! (付録)*SEO対策にGoogleが求めていることとは?の基本が書かれているGoogle公開ペー..

Read more

Read More »